サプリを薬と勘違いして買われる方がどれほど多いか、健康食品会社で働いたときの私の実感です。

美容のために飲んでいるサプリ
美容のために飲んでいるサプリ

サプリはお薬とは違います

私は以前、サプリメントなどの健康食品を扱う会社で働いていました。実際にお客様と接するお仕事でしたので、商品についてはかなりの研修があり初めての事ということもあり、かなり濃密な勉強をしました。今までの健康食品の概念が覆されたようでした。それはやはりそういった補助食品に頼ってしまいがちな意識が、ただの補助的な役割にしかならない、という事が痛切に感じられたからです。やはり一番大切なのは食生活をきちんとすることだと一から学び直しました。ですが、お客様となるとやはり私と同じ。どうしても不足しがちな栄養分はサプリメントに頼りたくなるのです。

みな、こういうお肌になりたいのだけれど、どの成分を取れば良い?足がむくむからどの商品がおすすめ?という、あたかもそれを飲めばすぐに治る薬のような意識で来られます。商品の説明よりも、そういった意識改善が必要であることを説明する方が大変だったなーと今思い返すと思います。ぜひみなさんも、サプリの意識を改善し、まずは食生活から見直しをして頂きたいなーと感じます。

その他のオススメ記事